学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 69 より
  • 購入28
  • クリック416
  • 言及数164ブログ
  • ブックマーク21users
「学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 社会・世間, 教養・雑学 いや、でも現実のことを考えると読んだ方がいいかもしれない。 『学問のすすめ』 いわずと知れた、福沢諭吉*1による明治の大ベストセラーです。本書のはじめに(p.003)によると、{初篇の発行以来九年間で七十万冊も売れ}たらしい。 明治の人口についてググってみつけたこちらのWEBサイトによれば、1872(明治5)年の日本の総人口は、3,480万人だったらしいです... 続きを読む

    オタク?が『学問のすすめ』を読むと死ぬかもしれない - 書評のつもりが読...daimon1002011/05/2552 users
  • ライフハック 知識や技術は人類の共通財産であり、社会はより良くなるという信頼のもとに知識は蓄積されています。それらの知識を共有することは公と私の理(利)を追求することであり、その間で起きる紛争や議論を解決に向かわせる大きな手段でなければなりません。しかし、知識が拡充してくると社会の進んでいる方向に疑問を抱く人が出てきます。そうなってくると現在の社会への既存勢... 続きを読む

    変えることにデメリットが多い社会で、争いを起こさず変化させる5つの方法...keitaro22722010/01/2318 users
  • 法律 戦前の日本には権利について深く考える礎がありませんでした。階級社会に置いては権利関係は存在しないからです。妻が夫に、子供が親に、労働者が雇用者に、民が国に権利を主張することはできない決まりだからです。戦後身分は解体され現在では、さまざまな権利が与えられ表面上の平等を謳歌してはいますが、まだまだ深刻な差別意識は残っていますし、上の者には弱く下の者には強い... 続きを読む

    人は人の上に人を作り人の下に人を作る - keitaro-newskeitaro22722009/12/0512 users

「学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)」が好きな人は、こんな商品も購入しています