分析哲学講義 (ちくま新書)

分析哲学講義 (ちくま新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 300 より
  • 購入14
  • クリック159
  • 言及数37ブログ
  • ブックマーク5users
「分析哲学講義 (ちくま新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「分析哲学講義 (ちくま新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ちくま新書から出た分析哲学の入門書。分析哲学の入門書というと、先日、講談社選書メチエから、八木沢敬『分析哲学入門』という本も出ているが、この両者はある意味ではよく似ているし、ある意味では結構違う。どちらも分析哲学とは何かというところから始め、言語哲学について説明したあと、クリプキを挟んで、心の哲学と形而上学へと至るという構成になっている。新書と選書という違い... 続きを読む

    青山拓央『分析哲学講義』 - logical cypher scapesakstyle2012/02/1854 users
  • ちくま新書2014年3月 前に「宇宙が始まる前には何があったのか?」の感想で、どうもこの本には理解できないところがあるといったことを書いたところ、この「哲学入門」を読んでみたらというご指摘をいただいた。 それで読んでみたのだが、正直、読むのが非常に苦痛だった。よほど途中で放り投げてしまおうかと思ったのだが、自分がなぜこの本に違和感を感じるのかということを考え... 続きを読む

    戸田山和久「哲学入門」(1) - 日々平安録jmiyaza2014/06/2620 users
  • 第一章は「意味」と題されている。 それで、「意味とは何か?」といったようなアプローチは間違いで、哲学のやりかたは、このような大きな問いを、そのまま扱うのではなく、まずは問いを小さく分けて具体的にし、それを徹底的に考える。そして、その結果えられた洞察をできるかぎり一般化し抽象化するという行き方なのだとする。そして最初の小さな問いは「じつにくだらん」ものがよい。... 続きを読む

    戸田山和久「哲学入門」(2) - 日々平安録jmiyaza2014/06/294 users

「分析哲学講義 (ちくま新書)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す