存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)

存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 200 より
  • 購入9
  • クリック70
  • 言及数76ブログ
  • ブックマーク3users
「存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 晩秋がそろそろ初冬に変わろうとする2010年の東京。会社員Sはさしあたり読書家と呼ばれている男である。その彼が渋谷区東に所在する、くにのもといをきわむるところの若木タワーにT教授を訪ねた。 S「先生、ごぶさたしてます」T「おお、佐伯元気だったか」S「ええ、まあ、いろいろありましたけど、この10年」T「そうか。そりゃいろいろあるよな」S「ところで、先生の『知性の限界』 拝読... 続きを読む

    高橋昌一郎『知性の限界』から読む哲学入門?本当は恐ろしい知性について - ...utubo2010/11/2014 users
  • ブックリスト1 知的欲望に満ちた社会人へ 立花隆選生命科学『二重らせん (講談社文庫)』ジェームス・D・ワトソン『細胞の分子生物学』ブルース・アルバーツ 『数値でみる生物学』R・フリント 『パワーズ オブ テン―宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅』P・モリソン 物質科学『ファインマン物理学 (1)』ファインマン 『ファインマン物理学 (2)』 『ファインマン物理学 (3)』 『ファイ... 続きを読む

    ぼくらの頭脳の鍛え方 - 立花隆 佐藤優 - 鬼海眞如: 金融危機来るとも知ら...gnostikoi2010/06/1914 users
  • 長文・その他「20代のうちに読みたい本ランキングって言いながらほとんど自己啓発書じゃねーかッ!」……とぶち切れ気味の皆さんこんにちは。今日は本当に20代で読むべき本についてを語ろうかと思います。今回扱う本はディック・ブルーナの『ミッフィーのおばあちゃん』*1と、マルティン・ハイデッガーの『存在と時間』です。この対極に存在している二冊の本を読み解くことによって洗練さ... 続きを読む

    20代のうちに読むべき『ミッフィーのおばあちゃん』と『存在と時間』 - マ...si-no2010/11/257 users

「存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す