革命について (ちくま学芸文庫)

革命について (ちくま学芸文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,080 より
  • 購入2
  • クリック24
  • 言及数26ブログ
  • ブックマーク1users
「革命について (ちくま学芸文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「革命について (ちくま学芸文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 読み終わったけど、どう語ろうか悩む本でもある。 とりあえず面白かったし、わかりやすい。そして「ルソーの一般意志の考えがGoogleやTwitterやニコニコ動画によって新しい形で実現する」というこの本のアウトラインを聞いたときにパッと思いつく反論に対しては、政治学や哲学の伝統を踏まえてきちんと答えてある。 筆者はこれから夢を語ろうと思う。それは未来社会についての夢だ。 との... 続きを読む

     東浩紀『一般意志2.0』 - 西東京日記 IN はてなmorningrain2011/12/1229 users
  • 本革命についてposted with amazlet on 07.03.01ハンナ アレント Hannah Arendt 志水速雄 筑摩書房 (1995/06) 売り上げランキング: 100470 Amazon.co.jp で詳細を見る 「なんとなく現象学」という読書の道を諦めて、読み出したのがハンナ・アーレントの『革命について』――これは「アメリカ革命*1」と「フランス革命」の比較が試みられてい 続きを読む

    「石版!」 - ハンナ・アーレント『革命について』Geheimagent2007/03/028 users
  • 政治, 思想 革命とは何であるか。それは、私たちを日常的に取り囲んでいる「市民的現実」の破壊であり、外部からの侵略であると、千坂恭二は言う(千坂[2010])。是々非々の立場取りや条件付き賛否などは、革命とは相容れない。これら議論≒説得可能性なるものは、相手と共通の基盤の上に立つことを意味するが、革命はそうした「基盤」そのものと全面的に対立し、それを覆そうとする行為... 続きを読む

    祈りとしての革命 - on the groundkihamu2010/08/037 users

「革命について (ちくま学芸文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す
注目商品
  1. 巨神計画〈下〉 (創元SF文庫)
  2. ザ・ビッグガイ&ラスティ・ザ・ボーイロボット
  3. atプラス32(吉川浩満編集協力)
    • atプラス32(吉川浩満編集協力)
    • 吉川 浩満, 稲葉 振一郎, 木島 泰三, 粥川 準二, ベンジャミン クリッツアー, 山本貴光, 飯島 和樹, 片岡 雅知, 柴田 英里, 井上 智洋, 平野 徳恵, 諫早 庸一, 國分 功一郎, 朴 沙羅, 栗原 康
    • 2ブログ
    • ¥ 1,512