異人論―民俗社会の心性 (ちくま学芸文庫)

異人論―民俗社会の心性 (ちくま学芸文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 400 より
  • 購入5
  • クリック33
  • 言及数23ブログ
  • ブックマーク3users
「異人論―民俗社会の心性 (ちくま学芸文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「異人論―民俗社会の心性 (ちくま学芸文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • いまや「暴力でぶ」という二つ名で知られる大月隆寛であるが、かつては気鋭の民俗学者であった(という言い方は失礼ですね。今でも民俗学者です。「民俗学」なるものが今も存在しているのであれば)。そしてその同時期、大塚英志もまた民俗学的な用語をちりばめた文章によって名を知られるようになっていた。その時期の彼らが「同じような書き手」であると「メディア的」には見なされていたことについては、『うわさの本―都市に乱 続きを読む

    雅爛堂書庫 - 民俗学という不幸garando2005/06/018 users

「異人論―民俗社会の心性 (ちくま学芸文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています