唯脳論 (ちくま学芸文庫)

唯脳論 (ちくま学芸文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 70 より
  • 購入5
  • クリック67
  • 言及数80ブログ
  • ブックマーク9users
「唯脳論 (ちくま学芸文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

41 427 昍「?1 隹??き^ 0 ^『ー『一 IX 一九九八年十月八; 1 ;第一刷発行著者養老 孟司?フろう.たけし)発行者柏原成光免行所株式会社筑摩書房東京都台柬区蔵前二? 五 I 三〒一一 11 八七五孔振替 00 一六? "八?四一一!三案内 0 四八?六五一| 0 〇 五三(サ I ビスセンターー装械者安野光稚印刷所株式会社?興社製本所株式会社鈴木 製本所ちくま学芸文^の定価はカバ?に表示してあります。落丁本,乱丁本はお取? いたします。 0 7...

「唯脳論 (ちくま学芸文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • お経のリズム たとえば宗教の基本は反復です。意味のわからないお経を繰り返し、祈りの動作を繰り返す。これってすごく「言語ゲーム」なんです。宗教の教え=規則を理解すること以上に訓練し習慣化させること。これによって「言語ゲーム」に深く引き込まれていく。教えを理解することが重要ではなく習慣の先に悟りがある。これに対して哲学はたえずみずからをみずからの言語ゲームのメタ... 続きを読む

    言語ゲームというリズム - セカイ系権力の誕生pikarrr2009/08/2513 users
  • 「運動自体の知覚」 たとえばアナタは椅子に座っている。少し離れたテーブルの上にりんごがおいてある。アナタは「あのりんごを取ろう」と思い、立ち上がり、テーブルまで歩き、りんごを手に取る。ミッション成功である。ここでとても不思議なことは、ミッションを達成するまでにどのように体を使い立ち上がり、二足で前進し、手を動かしてりんごを取ったのか「知らない」ということだ。... 続きを読む

    なぜ歩くために訓練が必要なのか - pikarrr のブログpikarrr2008/05/296 users
  • 11:03混迷の時代を生き抜くバイブル158冊編です。■政治・経済・初級資本主義と自由 (日経BPクラシックス)作者: ミルトン・フリードマン, 村井章子出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2008/04/10メディア: 単行本(ソフトカバー)新版 バブルの物語作者: ジョン・ケネス・ガルブレイス, 鈴木哲太郎出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2008/12/19メディア: 単行本経 続きを読む

    日経アソシエ「あなたが今読むべき本」のリンクを作成してみました。【混迷...tokotozawa42009/05/084 users

「唯脳論 (ちくま学芸文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています