経済の文明史 (ちくま学芸文庫)

経済の文明史 (ちくま学芸文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 627 より
  • 購入5
  • クリック36
  • 言及数49ブログ
  • ブックマーク6users
「経済の文明史 (ちくま学芸文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「経済の文明史 (ちくま学芸文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • フィールドワーク, 読書・文献案内 広義での「人類学」の文献の中で、主に文庫本のものを選んでみました。抜け落ちている文献があるはずなので、思い出したら適宜追加していきます。 金枝篇 ちくま学芸文庫初版 金枝篇〈上〉 (ちくま学芸文庫)作者: ジェイムズ・ジョージフレイザー,James George Frazer,吉川信出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2003/01メディア: 文庫購入: 4人 続きを読む

    文庫本で学ぶ人類学 - 社会学徒の研究(?)日誌naokimed2013/08/1937 users
  • 鹿島茂『怪帝ナポレオン三世』を読むと、フランス第二帝政期(1852〜70年)は、鉄道建設、金融機関やシステムの改革、都市改造、パリ万国博覧会、デパートによる商業革命など、その後の日本にも影響を与えたと思われる産業主義的な社会変革の手法が実験・開発された時代だったということがわかる。 ナポレオン三世は基本的にサン=シモン主義者であり、「産業皇帝」の異名をとったという... 続きを読む

    サン=シモンと「脱政治化」 - heuristic waysmatsuiism2012/04/1012 users
  • 私がジャン=ピエール・デュピュイのことを知ったのは、スラヴォイ・ジジェク氏の『ポストモダンの共産主義』(ちくま新書、2010年、原著2009年)を読んだときだった。 ジジェク氏はデュピュイの次のような一節を引用していた。 大惨事は運命として未来に組みこまれている。それは確かなことだ。だが同時に、偶発的な事故でもある。つまり、たとえ前未来においては必然に見えていても、起... 続きを読む

    「破局論」のためのメモ - heuristic waysmatsuiism2013/02/2312 users

「経済の文明史 (ちくま学芸文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す