暗黙知の次元 (ちくま学芸文庫)

暗黙知の次元 (ちくま学芸文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 569 より
  • 購入24
  • クリック126
  • 言及数76ブログ
  • ブックマーク27users
「暗黙知の次元 (ちくま学芸文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「暗黙知の次元 (ちくま学芸文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • フィールドワーク, 読書・文献案内 広義での「人類学」の文献の中で、主に文庫本のものを選んでみました。抜け落ちている文献があるはずなので、思い出したら適宜追加していきます。 金枝篇 ちくま学芸文庫初版 金枝篇〈上〉 (ちくま学芸文庫)作者: ジェイムズ・ジョージフレイザー,James George Frazer,吉川信出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2003/01メディア: 文庫購入: 4人 続きを読む

    文庫本で学ぶ人類学 - 社会学徒の研究(?)日誌naokimed2013/08/1937 users
  • 社会現象を潜在知の観点から読み解く本。色んな話題が扱われていて面白い。サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (ちくま新書)作者: 下條信輔出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2008/12メディア: 新書序章 心が先か身体が先か第1章 「快」はどこから来るのか第2章 刺激の過剰第3章 消費者は自由か第4章 情動の政治第5章 創造性と「暗黙知の海」5章の創造性についての議論が面... 続きを読む

    最近買った本 - 『サブリミナル・インパクト』下條信輔 - ニートホープ2.0massunnk2008/12/249 users
  • 「ヴィトゲンシュタインのパラドクス」という「断絶」 後期ヴィトゲンシュタインでは、「なぜ曖昧な日常会話が成立しているのか」と問われる。ヴィトゲンシュタインは、そこにある集団内で共有化された基底を「言語ゲーム」と呼んだ。「言語ゲーム」は人々に共有された規則が存在し、「言語ゲーム」が成立するのではなく、「規則に従う」という実践の反復によって、「言語ゲーム」は行わ... 続きを読む

    まなざしの快楽 - なぜ「ヴィトゲンシュタインのパラドクス」は心身二元論...pikarrr2007/02/047 users

「暗黙知の次元 (ちくま学芸文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す
注目商品
  1. atプラス32(吉川浩満編集協力)
    • atプラス32(吉川浩満編集協力)
    • 吉川 浩満, 稲葉 振一郎, 木島 泰三, 粥川 準二, ベンジャミン クリッツアー, 山本貴光, 飯島 和樹, 片岡 雅知, 柴田 英里, 井上 智洋, 平野 徳恵, 諫早 庸一, 國分 功一郎, 朴 沙羅, 栗原 康
    • 2ブログ
    • ¥ 1,512