増補 虚構の時代の果て (ちくま学芸文庫)

増補 虚構の時代の果て (ちくま学芸文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 698 より
  • 購入3
  • クリック16
  • 言及数34ブログ
  • ブックマーク1users
「増補 虚構の時代の果て (ちくま学芸文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「増補 虚構の時代の果て (ちくま学芸文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 「近代文学の終り」のゼロ年代/七〇年代妙に既視感を伴う風景だった。ここでは新しさが競われているにもかかわらず、彼らは、ある意味で新しさを禁じられた状態にいた。かといって、たとえ過去によく似た風景があったとしても、今の彼らはもう過去と同じではありえない。それが批評をめぐる現在(あたらしさ)だ、ということになるだろうか。――二〇〇九年三月十三日、TOKYO CULTURE CU... 続きを読む

    批評のゼロ年代と「幻影城」の七〇年代 - ENDING ENDLESS 雑記帖ending2009/05/2853 users
  • 本増補 虚構の時代の果て (ちくま学芸文庫)posted with amazlet at 09.03.20大澤 真幸 筑摩書房 売り上げランキング: 6880 Amazon.co.jp で詳細を見る 先日、会社で組んでいるバンド*1の集まりで飲んでいたときに、偶然オウム真理教の話になった。そのとき、バンドのメンバーであるひとりのオンナノコ――20歳ぐらいの――が「オウムって何をした人たちですか?」 続きを読む

    大澤真幸『増補 虚構の時代の果て』 - 「石版!」Geheimagent2009/03/2020 users
  • ノマド, 貧困 坂口恭平がわたし、気になります! 佐々木俊尚が「ゼロから始める都市型狩猟採集生活」をキュレーションしていたことから気になって、それとは別のアプローチで「段ボールハウスで見る夢―新宿ホームレス物語」をはじめとして貧困問題や車中泊、ノマドなどを下衆な娯楽的要素を含めて摂取していたため、比較的すんなりと受け入れていた。似非原(@esehara)さんの公園生活な... 続きを読む

    坂口恭平「MY HOUSE」「モバイルハウスのつくりかた」から思ったこと - 情...bulldra2012/07/137 users

「増補 虚構の時代の果て (ちくま学芸文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています