映画は父を殺すためにある―通過儀礼という見方 (ちくま文庫)

映画は父を殺すためにある―通過儀礼という見方 (ちくま文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 136 より
  • 購入149
  • クリック3,950
  • 言及数47ブログ
  • ブックマーク4users
「映画は父を殺すためにある―通過儀礼という見方 (ちく...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「映画は父を殺すためにある―通過儀礼という見方 (ちく...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • Kiki's Delivery Service/1989/JP 『魔女の宅急便』について書きたいと、かれこれ3年くらい思い続けていました。宮崎駿の監督作の中でも屈指の人気作だから、特別な思い入れを持つ人も多いとおもう。私なんかよりもずっと多くの回数を繰り返し見ている人だっているだろう。私がこの作品について深く考える直接のきっかけとなったのは宗教学者、島田裕巳の『映画は父を殺すためにある―通... 続きを読む

    ジジはなぜ言葉を失ったままなのか―『魔女の宅急便』(宮崎駿) - Devil’...DieSixx2015/01/08646 users
  • 「最近、ニコ生の宣伝ばっかりじゃん!」というお声を頂いたので、心を入れ替えて久しぶりに映画感想なぞ書こうかと思う。 実写版『進撃の巨人』を観賞したのだが、ちょう面白かった。ネットのあちこちで炎上しており、辛辣なコメント*1ばかり目にするので、あまり期待せずに観に行ったのだが、これは日本映画史、少なくとも特撮映画史に一つのエポックとして残る映画なのではないかと思... 続きを読む

    進撃の童貞:実写版『進撃の巨人』 - 冒険野郎マクガイヤー@はてなmacgyer2015/08/0531 users
  • 細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』を観てきたッス。おおかみこどもの雨と雪 オフィシャルブック 花のように作者: 「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2012/07/23メディア: 単行本クリック: 17回この商品を含むブログ (12件) を見るあらすじ(公式サイトより)大学生の花(宮粼あおい)は、彼(大沢たかお)と出会... 続きを読む

    人狼、暁に死す - 男の魂に火をつけろ!washburn19752012/07/2714 users

「映画は父を殺すためにある―通過儀礼という見方 (ちく...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す