脱学校の社会 (現代社会科学叢書)

脱学校の社会 (現代社会科学叢書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,243 より
  • 購入5
  • クリック40
  • 言及数37ブログ
  • ブックマーク9users
「脱学校の社会 (現代社会科学叢書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「脱学校の社会 (現代社会科学叢書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • すみません、タイトルの「決して紹介されない」は煽りです。紹介している人はいます。(たぶん) *** 私は外国語教育研究に片足を突っ込んでいる ---大学院は「外国語教育講座」所属で、当時の指導教官はJACETの元会長だったわけで「片足を突っ込んでいる」くらい言わせて欲しい--- わけだが、もう一方の足は外に出ているので、せっかくだから外側の視点を入れた基礎文献リストを書い... 続きを読む

    外国語教育学講座では決して紹介されない外国語教育学の必読書 - こにしき...TerasawaT2014/05/1549 users
  • 教育, 反自由党 | 19:06 | 腹減ったなー。よし、一杯やるか。お! 白木屋があるじゃん。ここに入ろうぜ。と、誘ってるのに、「白木屋はイヤだ。白木屋以外がいい」という返事が返ってきたら、ムカつきますよね? 白木屋がダメなんだったら、じゃあどこがいいっていうんだ。他にもっといいところがあるのか。具体的な対案もないのに「白木屋以外がいい」って何事? 10秒以内に別のより良... 続きを読む

    (元)登校拒否系 - 2007-09-23 「対案についての思考」を禁止しますtoled2007/09/2320 users
  • 今の学校ってどうしてこうなんだっけ?という件については『天下之記者―「奇人」山田一郎とその時代 (文春新書 621)』がお勧め。東大設立を巡る紆余曲折がよく書かれているのと、主人公である山田一郎の、帝大卒の超エリートで早稲田の創立者であるにも関わらず、生涯フリーライターっぽく生きているところが憎めない。学校をどうしていくか、という話をすると、ちょっと古いんだがネッ... 続きを読む

    脱学校の社会へ向けて - 雑種路線でいこうmkusunok2008/07/3116 users

「脱学校の社会 (現代社会科学叢書)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す