身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価

身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,445 より
  • 購入8
  • クリック58
  • 言及数21ブログ
  • ブックマーク6users
「身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • エッセイ的なもの学校や職場で家庭で、ネットでダメだしされて嫌な気分で週末をお迎えのみなさん、こんにちは。「ダメだしなんかでめげるなよ」という人もいますが、めげるってたいせつだよねとはてこは思います。今回は叩かれたのが堪えたら腰をすえてがっつり凹むといいことあるよ、というお話です。 「そんなだからみんなに嫌われるのよ」とか「そろそろ結婚相手探した方がいいよ? い... 続きを読む

    ネガティブ思想のポジティブな力と失恋の教訓 - はてこはだいたい家にいるkutabirehateko2010/01/2315 users
  • 本, エッセイ的なもの, 性暴力からの具体的な自衛手段聖子ちゃんタイプの解説にあった、「自己主張とは本来人を説得するようなものではなく、何も言わなくても周囲を納得させてしまうものです。」ってどういう意味? という方へ。 三省堂新明解国語辞典では主張とは「自分の意見を相手に認めさせようとして押し通すこと。またその意見」と説明されています。だから“青年の主張”では青年... 続きを読む

    “主張”には行動も反応も必要ない。 - はてこはだいたい家にいるkutabirehateko2010/01/139 users
  • 覚え書き ストレス学説とは、カナダの生理学者ハンス・セリエが『ネイチャー』誌上で発表した概念である(「種々の有害作用から生ずる一症候群」)。1936年(昭和11年)のこと。そんな昔だったとは露知らず。私のはかない記憶を辿ると、昭和50年代後半ぐらいからよく耳にするようになり、その少し後になって「情報化社会」と言われようになった……はずだ。多分。違っていたらゴメンよ。... 続きを読む

    仏道修行におけるストレス理論 - 創価王道sokaodo2008/10/123 users

「身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す