中世哲学への招待―「ヨーロッパ的思考」のはじまりを知るために (平凡社新書)

中世哲学への招待―「ヨーロッパ的思考」のはじまりを知るために (平凡社新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 950 より
  • 購入0
  • クリック16
  • 言及数18ブログ
  • ブックマーク1users
「中世哲学への招待―「ヨーロッパ的思考」のはじまりを...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「中世哲学への招待―「ヨーロッパ的思考」のはじまりを...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 日記, おた神 | 先日の『魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」』記事がそれなりに楽しんで貰えたようなので、言葉足らずだった部分を付け足しながら、キリスト教、特に僕がいくらかでも学んだことのあるカトリックの考え方を元にして、僕なりに補足してみよう。 日本では一般に理性と宗教は相容れないものだと考えられている。科学と宗教と言い換えてもいい。信仰はあり得... 続きを読む

    信仰は理性的であれ(健全な精神よ健全な肉体にやどれかし的な意味で) - ...hajic2010/05/1129 users
  • 日記, 書籍 | 科学と宗教の区別がつかない人はいい加減どうにかしてくれ http://d.hatena.ne.jp/NOV1975/20081117/p2 科学は宗教とは違う、絶対とは言わない点で宗教と科学は異なるのだ、という言説は、まあ、言わんとするところは分かるのだけれど、どうも根本的に宗教に対する無知や蔑視を匂わせて好きになれない。 現在の西洋文明の覇権を支える思考規則である科学を生み出し 続きを読む

    Recognition of more than *one* hypothesis - はじめてのC お試し版hajic2008/11/197 users
  • 書籍, おた神, SR | 中世哲学への招待―「ヨーロッパ的思考」のはじまりを知るために (平凡社新書)作者: 八木雄二出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2000/12メディア: 新書 三位一体説について中世の神学者ヨハネス・ドゥンスの解釈に従い、キリスト教哲学と東洋哲学は「永遠の中の一瞬」という点で意外な一致を見るのだと著者は主張する。 三位一体説とは「神である父とキリスト、そして彼... 続きを読む

    おたく神学 三位一体と美少女ゲーム - はじめてのC お試し版hajic2008/04/083 users

「中世哲学への招待―「ヨーロッパ的思考」のはじまりを...」が好きな人は、こんな商品も購入しています