破戒と男色の仏教史 (平凡社新書)

破戒と男色の仏教史 (平凡社新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 55 より
  • 購入2
  • クリック36
  • 言及数21ブログ
  • ブックマーク3users
「破戒と男色の仏教史 (平凡社新書)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「破戒と男色の仏教史 (平凡社新書)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • id:touryuuanさんが中山正和氏(勝間和代氏「三毒追放」の元ネタ)の仏教史理解に絡めて書かれたエントリ、2009-02-01仏教史の基礎知識は、なぜ広まらないのか - 続・東龍庵雑事記をきっかけとして、はてな界隈で仏教史や宗教語りに関する議論がほんのちょっと盛り上がっている。2009-02-02仏教って知られていないよね - 鰤端末鉄野菜 Brittys Wake2009-02-02宗教語 続きを読む

    通俗仏教史観への疑問 - ひじる日々 東京寺男日記 Free Burma! Free Tibe...ajita2009/02/045 users
  • 大正十四年に今東光を編集長とする『文党』が創刊され、第二号から梅原北明が加わり、その流れがあって『文芸市場』が誕生している。したがって今東光も梅原の出版人脈に数えられることになるのだが、その今も山崎俊夫や倉田啓明と立場や時代は異なるにしても、男色小説を発表している。しかも二人の作品が歌舞伎の深い影響を受けているのに対して、今は仏教の秘められた文献を読み、『稚... 続きを読む

    古本夜話34 今東光の『稚児』 - 出版・読書メモランダムOdaMitsuo2010/05/083 users

「破戒と男色の仏教史 (平凡社新書)」が好きな人は、こんな商品も購入しています