「境界に立つ市民」の誇り―ユダヤ人を家族に持つナチ時代のアーリア人作家クレッ (叢書インテグラーレ 12)