夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録

夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 430 より
  • 購入11
  • クリック101
  • 言及数121ブログ
  • ブックマーク9users
「夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 感想文夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録作者: V.E.フランクル,霜山徳爾出版社/メーカー: みすず書房発売日: 1985/01/22メディア: 単行本購入: 8人 クリック: 88回この商品を含むブログ (101件) を見る「ただ一つのことを君達に忠告する。それはひげを剃れ、ということだ。できれば毎日だ。何でもよい、俺はガラス片でやっている。あるいはひげを剃ってくれる者に最後のパンの一片を... 続きを読む

    もしおれがフランクルの『夜と霧』を読んだら - 関内関外日記goldhead2012/10/2519 users
  • Basic Skills2010年10月10日 文芸春秋10月号、江川昭子さんがまとめた村木厚子さんの手記を読んだ。事件の経緯だけでなく、村木さんが生きてきた道が丁寧に描かれていた。村木さんは検察で嘘の調書を強要され、抵抗し続けてきた拘留期間に、こう考えたという。 「検事の土俵にいる限り、私が勝つことなんてありえない。だとすると、やらなきゃいけないのは負けてしまわないこと」 そのた... 続きを読む

    目標を低く設定すること - 物語三昧〜できればより深く物語を楽しむためにGaius_Petronius2010/10/194 users
  • 読書(精神医学), 読書(心理療法) フランクルのロゴセラピーを把握する必要があって、彼の本を4冊読んだ。みすず書房の『夜と霧』(1947)、『死と愛―実存分析入門』(1946)、春秋社の『それでも人生にイエスと言う』(1947)、『意味による癒し』に目を通した。『夜と霧』は感動的な名著だと再認識したが、ロゴセラピーについては臨床にあまり役立たないのではと感じた。 よく知られてい... 続きを読む

    フランクルのロゴセラピーについて - Gabbardの演習林−心理療法・精神医療...gabbard2010/07/033 users

「夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す