攻撃―悪の自然誌

攻撃―悪の自然誌
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,405 より
  • 購入7
  • クリック107
  • 言及数19ブログ
  • ブックマーク2users
「攻撃―悪の自然誌」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

1988年新装第5刷、帯付。カバー帯には少スレ少ヤケありです。見返しにはがし跡ありで、小口天地に少シミもありますが、本文にはアンダーライン等もなく使用感のないキレイな状態です。消臭・消毒の上、検品後出荷します。 (特に臭いにデリケートな方は念入りに消臭しますので、 注文時にお申し出ください) ご希望に添えて...

「攻撃―悪の自然誌」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ローレンツ先生の『攻撃』にいわく、動物行動学の実験で、猫に鼠をどんどん与えていくというのがある。 狭い実験室に猫と鼠、どちらも生きている、当然猫は鼠に忍び寄り、捕まえ、殺して、食べる。さらに鼠を投入していくと、そのうち、猫は何匹か、鼠たちに忍び寄り、捕まえ、殺すが、それらを近くに置いておくだけで食べなくなる。さらに鼠を加えると、猫は鼠に忍び寄り捕まえるが殺さ... 続きを読む

    指輪世界の第二日記 - 猫に鼠をどんどん与えていく/サブルーチン式の制御...ityou2005/08/224 users
  • 電波男の中で、本田先生の学校の思い出話は重要です。キモメンを理由に、ぶちきれるまで追い詰められるが、ぶちきれると、追い詰めた理由を「ぶちきれたから」「電波だから」「ストーカーだから」と後付けにされる。そしてそれを口実にさらにいじめられる。さらにぶちきれると、相手を殺して自分も自殺してしまう。だからぶちきれちゃ駄目だ、俺は耐えた、という話です。 動物行動学者の... 続きを読む

    指輪世界の第二日記 - 電波男/地獄の思い出話ityou2005/06/114 users

「攻撃―悪の自然誌」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す