〈子供〉の誕生―アンシァン・レジーム期の子供と家族生活

〈子供〉の誕生―アンシァン・レジーム期の子供と家族生活
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 3,400 より
  • 購入0
  • クリック49
  • 言及数40ブログ
  • ブックマーク5users
「〈子供〉の誕生―アンシァン・レジーム期の子供と家族...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

1987年第10刷発行です。若干のスレ、汚れはあります。折込、書込みは見あたりません捲れしわが1箇所、。天、小口、表紙に斑点状の黄ばみが少しあります。

「〈子供〉の誕生―アンシァン・レジーム期の子供と家族...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 前半部分(〜第4章)読了。問題設定とイギリス19世紀教育史の部分。興味深い内容だったので、簡単に内容を紹介する。 本書の前半部分で筆者は、ベル=ランカスター方式*1+ギャラリー方式*2としての「学級」の誕生と、それが民衆の間での学校のあり方を排除しながら、「国家の学校」のシステム(イギリスでは1870年頃に義務教育が制度としては確立される)として公認されていくプロセスを... 続きを読む

    Words and Phrases - 読書中:柳治男、『〈学級〉の歴史学』june_t2005/04/306 users
  • book社会学が扱う対象領域は非常に広いです。「〇〇社会学」や「〇〇の社会学」というふうに、頭に何か対象領域を示す冠を戴くことで、各業界が成り立っていて、ちょっと余談ですがたとえば本郷の東京大学社会学研究室の同窓会の名前は「クローネ会」といいます(クローネというのはKrone、ドイツ語で冠のことです。英語だとcrown)。それはともかく、それらの領域をできるだけカバーしよ... 続きを読む

    社会学の全領域をカバーする講座・シリーズ等 - たけみたの脱社会学日記takemita2011/05/314 users

「〈子供〉の誕生―アンシァン・レジーム期の子供と家族...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す