イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告

イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 2,950 より
  • 購入1
  • クリック111
  • 言及数88ブログ
  • ブックマーク11users
「イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 今日「話題の記事」に上がっていた「システムが無くなった日」というエントリを読んで、思うところがあったので書きます。 このエントリの結論は、「一人の工場長の愚かな判断が、多くの人を過労死させ、自殺に追い込み、システムそのものをも失わせた。たった一人の判断が、このような悲劇を生むこともあるのだ」というものでした。 この結論には同意します。 しかし、私は「愚かな側」... 続きを読む

    愚かさは罪なのか - reponの日記 ないわ〜 404 NotFound(暫定)repon2010/09/05228 users
  • きちんとした感想を記すにはインドシナの歴史について知らなさ過ぎるわけですが。ポル・ポト―ある悪夢の歴史作者: フィリップショート, 山形浩生出版社/メーカー: 白水社発売日: 2008/02メディア: 単行本 ポル・ポト。誰もがあの忌まわしい悲劇と結びつけてその名前を覚えていながら、彼が一体どんな人物なのか、自信を持って語ることのできる人はほとんどいないだろう。この分厚い本を... 続きを読む

    悪の凡庸さについての報告:カンボジアのケース - 梶ピエールの備忘録。kaikaji2008/02/0639 users
  • 本イェルサレムのアイヒマン―悪の陳腐さについての報告posted with amazlet at 09.11.02ハンナ アーレント みすず書房 売り上げランキング: 206156 Amazon.co.jp で詳細を見る 積読してあったハンナ・アレントの『イェルサレムのアイヒマン』を読んでいます。これは二〇世紀の思想家が書いた著作のなかでも、特別に面白く、また切実な問題を取り上げられた名著であるな 続きを読む

    『イェルサレムのアイヒマン』を読んでいる - 「石版!」Geheimagent2009/11/0226 users

「イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す