この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入71
  • クリック566
  • 言及数377ブログ
  • ブックマーク46users
「この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • お金の話をすることは、はしたないと言われる。確かに「お金がすべて」ではない。けれども、だれしも生きていかなければならない。生きるとは、生活すること。そして生活するにはお金が必要だ。だから、お金について考えるのは、とても大事なことなのだ。西原理恵子さんの『この世でいちばん大事な「カネ」の話』は、「カネ」と生きることとの関係、そして「人が働くということ」について... 続きを読む

    西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』 - 雪景色snow82009/04/1222 users
  • この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ)作者: 西原理恵子出版社/メーカー: 理論社発売日: 2008/12/11メディア: 単行本自分に子どもがいて、中学生くらいになったらぜひ読んでもらいたいと思う本だ。貧しかった生い立ち、DV家庭の中で覚えた悲しみ、高校中退にいたる経緯と大人への不信、自分の力でお金を得るようになるまでの戦い、そして現在、息子と... 続きを読む

    この世でいちばん大事な「カネ」の話 (西原理恵子、理論社よりみちパン!セ...hibigen2008/12/1916 users
  • 昨年に比べると読書量が大幅に落ちてしまいましたが、思いつくままに今年の総括を書いてみます。取りこぼしが多いと思いますので、これだけは読んでおけというのがありましたらご教示いただけるとうれしいです。ファンタジー ファンタジーでは、なんといっても小森香折の「十三月城へ エゼル記」が飛び抜けていました。若者が暴君を倒すという単純なストーリーながら、あらゆるファンタジ... 続きを読む

    2008年の児童書 - 児童書読書日記yamada52008/12/319 users

「この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!...」が好きな人は、こんな商品も購入しています