緊縮策という病:「危険な思想」の歴史

緊縮策という病:「危険な思想」の歴史
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 2,369 より
「緊縮策という病:「危険な思想」の歴史」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

ギリシア問題の本質は「思想」の問題である。リーマンショック後の世界的な「緊縮」策の流行は、なぜ生まれたか。そしてそれがなぜ間違っているかを「思想」と「歴史」から ...

「緊縮策という病:「危険な思想」の歴史」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 2012年、2013年と実施し大好評を博した「心に残る経済書ベスト」が二年ぶりに戻ってきました。応募者総数約100名 有効投票ポイント991の方々に参加いただき、今年は上位陣が白熱した接戦を展開しました。 対象期間は2014年11月から2015年10月末までに出版された国内外の経済書となります。ちなみに、2012年第一位は、ポール・クルーグマン『さっさと不況を終わらせろ』(早川書房)、201... 続きを読む

    お正月特別企画:2015年心に残る経済書ベスト20発表!!(ベスト10日本人著...tanakahidetomi2016/01/0119 users
  • 拡散希望です。 ?#?2015年に出版された経済書で心に残るベスト3? のタグをつけていただき1位から3位まで順位をつけて経済書をお好きなように選んでいただけると幸いです。過去に2012年、2013年とやって人気でした。そこそこ人数が集まることができれば12月11日のイベントで報告します! 締切は12月第一週のどこか、入賞した本の著者にはコメントを頂戴する予定ですw#2015年に出版され... 続きを読む

    あなたが選ぶw「2015年経済書で心に残るベスト3」投票のお願いtanakahidetomi2015/11/103 users

「緊縮策という病:「危険な思想」の歴史」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す