オンリーワンを求めて〈2〉―文系理系の垣根をこえた先輩からのメッセージ