昭和のロケット屋さん (Talking Loftシリーズ)

昭和のロケット屋さん (Talking Loftシリーズ)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 190 より
  • 購入5
  • クリック61
  • 言及数56ブログ
  • ブックマーク8users
「昭和のロケット屋さん (Talking Loftシリーズ)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

この小さなロケットから、戦後日本の宇宙開発が始まった。―現場を担ってきた二人が、熱い時代の失敗と成功を語る。

「昭和のロケット屋さん (Talking Loftシリーズ)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 宇宙 | 夕べのロフトプラスワンイベント「ホリエモン・トークライブSESSION6」はすごかった。「宇宙はそんなに遠くない!」のタイトルはだてではなかった。今回のイベントは、この面々が「宇宙はいいねえ」「宇宙へ行きたいねえ」「今の宇宙開発はこんなだねえ」と語り合うくらいのものだろうと思っていたら全然違った。この人たちが、もう3年も前から自分たちの手でロケットエンジンを作... 続きを読む

    ホリエモンとロケットまつりな面々が本当に宇宙開発を始めていた件 - Imamu...Imamura2009/11/2513 users
  • 前日のエントリ(http://d.hatena.ne.jp/uakira/20090405)にコメントを下さった皆さんや、トラックバックつきで関連記事を記してくださった皆さん、そして小形さんの原記事のブックマークコメントに、多くを教はった。id:Midasさんのブクマコメントによると、斎藤利生『宇宙飛翔体』(甲陽書房、1966年)には「飛翔体の定義と共にICBMと未来の惑星間核融合ロケット想像図が 続きを読む

    飛翔体・飛昇体の原語と飛昇体の初出は? - 日本語練習中uakira2009/04/078 users
  • 戦後日本の宇宙開発が始まったころからのお話を当事者に伺う「昭和のロケット屋さん」(ISBN:9784767805221)の制作は順調です。ゲラを読むたびに何度も「いやあこれ面白いなあ」と思っちゃうくらいで、いい本になりそうな予感がしています。この本では、「ロケットまつり」でのお話を再構成した本編のほかに、いろいろ資料をつけています。ペンシルロケットからミューロケットまで、宇宙... 続きを読む

    『昭和のロケット屋さん』はよさげな予感 - まんぷく::日記manpukuya2007/11/105 users

「昭和のロケット屋さん (Talking Loftシリーズ)」が好きな人は、こんな商品も購入しています