人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか (認知科学選書)

人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか (認知科学選書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 547 より
  • 購入11
  • クリック144
  • 言及数68ブログ
  • ブックマーク17users
「人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれ...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか トーマス ギロビッチ (著), Thomas Gilovich (原著), 守 一雄 (翻訳), 守 秀子 (翻訳) 出版社からのコメント 人間、この信じやすきもの 人間は誤りやすく信じやすい。前後関係と因果関係を取り違えたり、ランダムデータに規則性を読み取ってしまったり、願望から事...

「人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれ...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 政治, 電波ゆんゆん, 読書 先日の鳩山夫人のエントリは、ブログを始めて以来、最大のアクセスを更新した。政権交代! 世にも不思議なファーストレディが誕生! - 俺の邪悪なメモここで紹介した本が結構売れてて、そのせいか今現在Amazonで品切れになっている(笑)ぼくとしては鳩山夫人のやや奇矯なところなんかは、愛嬌のうち、というか笑ってすむ話だと思っている。基本的には。鳩山総... 続きを読む

    民主党政権がオカルト政権になりませんように - 俺の邪悪なメモtsumiyama2009/09/0457 users
  • 懐疑, 議論, ニセ科学はじめに注意しておきたいのは、人間には様々なバイアス*1が存在しますが、それはバイアスと反対方向に認識を偏らせれば正しいということを意味するわけではありません。バイアスの反対方向の考えがよりもっともらしいというわけでもありません。単に、バイアスを起因とする非合理な評価の偏りが存在しないかに注意を払う必要があるということを意味するだけです*2。... 続きを読む

    信奉者の問題を過大評価する可能性のある4つのバイアス - Skepticism is b...lets_skeptic2008/06/2418 users
  • 懐疑この文章は2007年に超常現象同人誌『Spファイル5』に寄稿した文章です。3回に分けて投稿します*1。第1回:ニヒリストにならないための懐疑論(前編) - Skepticism is beautiful第2回:ニヒリストにならないための懐疑論(中編) - Skepticism is beautiful第3回:今回※話の流れに関係するので再貼り付け 体験談は常に信用できないか体験談はやみくもに信 続きを読む

    ニヒリストにならないための懐疑論(後編) - Skepticism is beautifullets_skeptic2013/03/0718 users

「人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれ...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す