“法”から解放される権力―犯罪、狂気、貧困、そして大正デモクラシー

“法”から解放される権力―犯罪、狂気、貧困、そして大正デモクラシー
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,578 より
  • 購入2
  • クリック28
  • 言及数12ブログ
  • ブックマーク3users
「“法”から解放される権力―犯罪、狂気、貧困、そして...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「“法”から解放される権力―犯罪、狂気、貧困、そして...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 大阪市平野区の自宅で当時46歳の姉を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職大東一広被告(42)の裁判員裁判で、大阪地裁は30日、求刑の懲役16年を上回る懲役20年の判決を言い渡した。判決理由で河原俊也裁判長は、約30年間引きこもり状態だった被告の犯行に先天的な広汎性発達障害の一種、アスペルガー症候群の影響があったと認定。その上で「家族が同居を望んでいないため社会の受け皿がなく、再犯の可能性が心配され 続きを読む

    司法は社会秩序を守らなくてはならないのか - tukinohaの絶対ブログ領域tukinoha2012/08/016 users

「“法”から解放される権力―犯罪、狂気、貧困、そして...」を含む人気エントリー