ジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティティの攪乱

ジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティティの攪乱
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 3,967 より
  • 購入4
  • クリック75
  • 言及数60ブログ
  • ブックマーク8users
「ジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティテ...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

本書は『Gender Trouble』の日本語版である。数あるジェンダー学(性差学)関連書の中で最も社会に影響を与えた1冊であり、かつ最も著名なのが本書。著者のジュディス・バトラーは、自身が生んだこの分野での草分け的議論に対して寄せられた批判的反響について説明している。にもかかわらず、フェミニストの古典にまでなっ...

「ジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティテ...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 本ジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティティの攪乱作者: ジュディスバトラー,Judith Butler,竹村和子出版社/メーカー: 青土社発売日: 1999/03メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 68回この商品を含むブログ (62件) を見るp296総計20964pやっと読んだ、ジェンダー・トラブル。もはやフェミニズム政治哲学の古典となった本だと言えるだろう。本書は、フェミニ 続きを読む

    '10読書日記68冊目 『ジェンダー・トラブル』ジュディス・バトラー - Hell...ima-inat2012/04/126 users
  • book社会学が扱う対象領域は非常に広いです。「〇〇社会学」や「〇〇の社会学」というふうに、頭に何か対象領域を示す冠を戴くことで、各業界が成り立っていて、ちょっと余談ですがたとえば本郷の東京大学社会学研究室の同窓会の名前は「クローネ会」といいます(クローネというのはKrone、ドイツ語で冠のことです。英語だとcrown)。それはともかく、それらの領域をできるだけカバーしよ... 続きを読む

    社会学の全領域をカバーする講座・シリーズ等 - たけみたの脱社会学日記takemita2011/05/314 users

「ジェンダー・トラブル―フェミニズムとアイデンティテ...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す