「日米関係」とは何だったのか―占領期から冷戦終結後まで

「日米関係」とは何だったのか―占領期から冷戦終結後まで
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 2,680 より
  • 購入1
  • クリック79
  • 言及数3ブログ
  • ブックマーク6users
「「日米関係」とは何だったのか―占領期から冷戦終結後...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「「日米関係」とは何だったのか―占領期から冷戦終結後...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 書評戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)作者: 孫崎享出版社/メーカー: 創元社発売日: 2012/07/24メディア: 単行本購入: 16人 クリック: 194回この商品を含むブログ (27件) を見る 感心できない本である。 本書出版の動機は、著者が出版社から「高校生でも読めるような冷戦後の日米関係」を書くように希望され、構想を考えるうち、冷戦後に限らず、戦後の日米関係の通史として描くとを決 続きを読む

    過剰に大きな星条旗―孫崎享『戦後史の正体』を読む - Valdegamas侯日常Donoso2012/08/2944 users
  • 最早全然最近でもなんでもなくなってしまったのだけれどとりあえずメモ。どれも内容ほとんど忘れているので簡単に。 岸信介政権と高度成長作者: 中村隆英, 宮崎正康出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2003/03メディア: 単行本おすすめ。今年前半の岸信介特集絶賛開催中(その1、その2、その3、その4をご参照)にネットで買った本。ちなみに岸信介関係はまだ何冊か未読在庫があるの... 続きを読む

    svnseeds’ ghoti! - 最近読んだ本 その6svnseeds2007/08/295 users

「「日米関係」とは何だったのか―占領期から冷戦終結後...」が好きな人は、こんな商品も購入しています