複製技術時代の芸術 (晶文社クラシックス)

複製技術時代の芸術 (晶文社クラシックス)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,085 より
  • 購入3
  • クリック63
  • 言及数80ブログ
  • ブックマーク17users
「複製技術時代の芸術 (晶文社クラシックス)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

複製技術時代の芸術 (晶文社クラシックス) [Nov 05, 1999] ヴァルター ベンヤミン; 佐々木 基一

「複製技術時代の芸術 (晶文社クラシックス)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 先日の日記で紹介した新宿ゴールデン街劇場のお芝居の模様が紹介されてた。→■楽しい芝居だったようで見にいけなかったのが悔やまれる。芝居はホントにその時その場の一回限りだからなぁ。5回公演があったとしてもその5回の繰り返しそれぞれで違う味わいや感触を得ることができると思う。まぁ5回全部見る観客はなかなかいないだろうがw今後の活躍を遠くから期待しております。 ■「... 続きを読む

    ニートホープ - 繰り返しの中の一回性、アウラと批評の現在massunnk2007/07/1016 users
  • 松宮秀治『芸術崇拝の思想ー政教分離とヨーロッパの新しい神』(白水社、2008)を読了した。既に柄谷行人と三浦雅士が書評を書いているので、主な論点を整理するため、まず二人の書評を引用しておく。 芸術崇拝の思想―政教分離とヨーロッパの新しい神作者: 松宮秀治出版社/メーカー: 白水社発売日: 2008/10/23メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 15回この商品を含むブログ (14件) を見... 続きを読む

    芸術を等身大のものとして見ることの困難さ - 整腸亭日乗PreBuddha2010/11/075 users
  • 雑記 | 01:27 | 古典的名著であるベンヤミンの「複製技術時代の芸術作品」を何年かぶりに読み返してみて、考えるところがあったので、メモしておく。 1.内容の要約内容を私なりに簡潔に要約すると、以下のようになる。1)レコード、写真、映画など、複製技術の急速な発展と、それと連動した芸術の大衆化は、芸術作品から「いま」「ここ」にしかないという「アウラ」を失わせてしまった。... 続きを読む

    デジタル時代の編集技術が、鑑賞行為の「一回性」を広める - 月明飛錫Syouka2010/08/133 users

「複製技術時代の芸術 (晶文社クラシックス)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す