リバーズ・エッジ (Wonderland comics)

リバーズ・エッジ (Wonderland comics)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 470 より
  • 購入4
  • クリック291
  • 言及数232ブログ
  • ブックマーク11users
「リバーズ・エッジ (Wonderland comics)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

傑作ぞろいと言われる岡崎京子作品のなかでも、誰もが「代表作」と言い切る作品。90年代はじめの「都会」に生きる高校生たちの姿を描く。 河口にほど近く、広く、ゆっくりと澱む河。セイタカアワダチソウが茂るその河原で、いじめられっこの山田は、腐りゆく死体を発見する。「自分が生きてるのか死んでるのかいつも...

「リバーズ・エッジ (Wonderland comics)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • いまはまだ80年代ブームがぼちぼち続いていて、『恋の門』や『下妻物語』の演出などからも僕はそれを感じちゃうわけだけど、このブームの理由はさほど複雑ではなくて、それは80年代を謳歌した世代が生産する側に回って決裁権を持ち始めたという話でしかないと思うし、べつにそんなことはどうでもいいんだけども、まぁでも10年後とかに90年代ブームなんてものは来るのかなぁとぼんやり思う... 続きを読む

    TRiCK FiSH blog. - 90年代を再考したいときの100冊TRiCKFiSH2005/03/0724 users
  • いまはまだ80年代ブームがぼちぼち続いていて、『恋の門』や『下妻物語』の演出などからも僕はそれを感じちゃうわけだけど、このブームの理由はさほど複雑ではなくて、それは80年代を謳歌した世代が生産する側に回って決裁権を持ち始めたという話でしかないと思うし、べつにそんなことはどうでもいいんだけども、まぁでも10年後とかに90年代ブームなんてものは来るのかなぁとぼんやり思う... 続きを読む

    TRiCK FiSH blog. - 90年代を再考したいときの100冊TRiCKFiSH2005/05/167 users
  • 大友克洋の『童夢』に続いて、もう一冊コミックを取り上げてみる。それは岡崎京子の『リバーズ・エッジ』で、九〇年代の作品であるが、同じ郊外の風景を舞台とし、やはりスティーヴン・キングの影響を見てとれるからだ。さらに付け加えれば、梶井基次郎の「桜の樹の下には」(『檸檬』所収、新潮文庫)の半世紀後の郊外バージョンのようにも読みたい誘惑にかられてしまうのである。 そう... 続きを読む

    混住社会論17 岡崎京子『リバーズ・エッジ』(宝島社、一九九四年) - 出...OdaMitsuo2013/05/063 users

「リバーズ・エッジ (Wonderland comics)」が好きな人は、こんな商品も購入しています