果てしなき渇き (宝島社文庫)

果てしなき渇き (宝島社文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入0
  • クリック45
  • 言及数97ブログ
  • ブックマーク13users
「果てしなき渇き (宝島社文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「果てしなき渇き (宝島社文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 少し前に、本の編集者らしき方の「はてなブログにはあんまりおもしろい人がいない」という文章を読み、論旨には特に文句はないのだが、そもそもはてなブログやはてなダイアリーの書き手から物書きになった人って誰がいたっけと疑問が湧いた。ワタシは過去はてなダイアラー単著紳士録なんてものを書いており、これを書いた2011年以降に出てきた人も含め、はてなブログ/はてなダイアリーを... 続きを読む

    はてな出身の文筆家をざっと25人挙げてみる - YAMDAS現更新履歴yomoyomo2015/12/01399 users
  • 監督:中島哲也原作:深町秋生脚本:中島哲也/門間宣裕/唯野未歩子 ♪そう!家は楽しいところ。笑顔の集まる楽しいところ。大和ハウスは楽しいところ♪(「大和ハウス」CMダイワマンシリーズより。)*1 中島哲也監督の新作である。 僕は中島監督を天才だと思っている。 第2作「下妻物語」で人気監督に一気に上りつめた、CMディレクター出身の彼が突き詰めたスタイルはある種独特であり... 続きを読む

    合い言葉は狂気 「渇き。」 - 虚馬ダイアリーtoshi202014/07/0141 users
  • 今週末、たぶん早いところなら明後日には発売されると思う。 今日は自著の宣伝。3作目「東京デッドクルージング」のお話。 2015年の年の瀬。オリンピックが湾岸で開催されるが、格差とインフレですっかりスラム化が進んだ国際都市東京が舞台。 そのころの日本は、市場開放路線を取ったおかげで多くの外国人でにぎわう反面、外国人狩りにはげむ暴走族や自警団がうろつき、国粋主義団... 続きを読む

    東京デッドクルージング - 深町秋生の新人日記FUKAMACHI2008/08/0528 users

「果てしなき渇き (宝島社文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています