リバーズ・エッジ 愛蔵版

リバーズ・エッジ 愛蔵版
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 489 より
  • 購入11
  • クリック186
  • 言及数67ブログ
  • ブックマーク3users
「リバーズ・エッジ 愛蔵版」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「リバーズ・エッジ 愛蔵版」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • マンガ 類型的な戦争観への疑問が出発点 『戦争と一人の女』は、第二次世界大戦の最末期、空襲にさいなまれる街の一軒家で、かつて水商売をしていて妾や女郎の経験もある「淫奔」な女と、それと同居する野村という男が生活をする話である。 坂口安吾の3つの小説を原作として、近藤ようこが一つにまとめてマンガ化した作品で、どれも戦争(第二次世界大戦)が終わってすぐに発表されたも... 続きを読む

    坂口安吾・近藤ようこ『戦争と一人の女』 - 紙屋研究所kamiyakenkyujo2012/12/2912 users
  • 大友克洋の『童夢』に続いて、もう一冊コミックを取り上げてみる。それは岡崎京子の『リバーズ・エッジ』で、九〇年代の作品であるが、同じ郊外の風景を舞台とし、やはりスティーヴン・キングの影響を見てとれるからだ。さらに付け加えれば、梶井基次郎の「桜の樹の下には」(『檸檬』所収、新潮文庫)の半世紀後の郊外バージョンのようにも読みたい誘惑にかられてしまうのである。 そう... 続きを読む

    混住社会論17 岡崎京子『リバーズ・エッジ』(宝島社、一九九四年) - 出...OdaMitsuo2013/05/063 users

「リバーズ・エッジ 愛蔵版」が好きな人は、こんな商品も購入しています