アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス (IT Architects’ Archive)

アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス (IT Architects’ Archive)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 90 より
  • 購入6
  • クリック261
  • 言及数21ブログ
  • ブックマーク12users
「アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 07:51 | ここで中級者とは、仕事でもプライベートでも構いませんが、日常的にプログラムを書き続けて、5~10年であることとします。ただプログラムを書くのでは無く、より良い書き方の追求、より良い開発環境の構築(スクリプト、CI等)、他の言語の習得、使っているツールのソースリーディング。これらを続けての5〜10年とします。初心者の方はこちらへけなくのプログラマが読むべき本10冊 ... 続きを読む

    けなくの中堅プログラマが読むべき本10冊 - WeBLoGkennak2013/10/2816 users
  • 欧米の研究所なんかでは、昼休みにランチを同僚ととりながら様々なことを議論するブラウンバッグミーティングというのがあるらしい。ランチを紙袋(ブラウンバッグ)にいれて持ってくることから、そのような名前がついている。日本だとコンビニでランチを買ってもビニール袋は白なので、ホワイトバッグミーティングになってしまうけど。このランチでのミーティングというかインフォーマル... 続きを読む

    ブラウンバッグミーティング 2010-12-16 - 未来のいつか/hyoshiokの日記hyoshiok2010/12/1613 users
  • 読書「集合知の力、衆愚の罠」を読んで考えてみたことをダラダラと書いていきます注意:タイトルは煽り成分が多めに入っております集合知という名のイノベーション本書でメインに取り上げられている”集合知”とは「集団の中から(個人では決して出てこない)新たな知恵や見識が生まれること」というモノみたいデス。これは、いわゆるビジネス書なんかで取り上げられる”wikipedia:イノベ... 続きを読む

    アジャイルでイノベーションを引き起こせ - 集合知の力、衆愚の罠 - - Rein...plasticscafe2011/01/133 users

「アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す