ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 20 より
「ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかっ ...

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • オトナ向けラノベ キャラクター文芸の独立 今年を語る上で何より欠かせないのは、ライト文芸というジャンルの確立でしょう。 先発のメディアワークス文庫、富士見L文庫、角川キャラ文庫に加え、新潮文庫nex、オレンジ文庫、講談社タイガなどの新レーベルが続々新設され華やかな年となりました。 メディアワークス文庫 は『神様の御用人』を看板としてライトミステリ&女性向け路線を強化... 続きを読む

    2015年ラノベ周辺まとめ - 小説☆ワンダーランドnyapoona2016/01/1760 users
  • 最近のキャラノベ 今年のキャラノベで流行したのは、なんといっても「 時間もの 」でしょう。 ラノベでは時間ものは前々より人気の高いテーマでしたが、アニメ映画『君の名は。』の社会現象化によってますます加速。『君の名は。』はノベライズもベストセラーとなり、ノベライズとしては初めてダ・ヴィンチBOOKOFTHEYEARを受賞する快挙を成し遂げました。 実写映画に「HiGH&LOW」で注目... 続きを読む

    2016ラノベ周辺まとめ - 小説☆ワンダーランドnyapoona2016/12/2512 users
  • ライトノベルが実写化される――一昔前はそれだけで大事件だったものですが、ここ最近になって実写化が急増しています。 『ビブリア古書堂の事件手帖』『掟上今日子の備忘録』『戦力外捜査官』などのミステリ系キャラノベが実写化され、「きみぼく系」と呼ばれるキャラノベ/ラノベの純愛小説群が飛ぶように売れているなかでキャラノベ・ラノベが映像原作として脚光を浴びつつあるのが今... 続きを読む

    最近の実写化ラノベを集めてみたよ - 小説☆ワンダーランドnyapoona2016/11/1311 users

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています