ベンヤミンにおける「純化」の思考―「アンファング」から「カール・クラウス」まで