小島信夫長篇集成〈6〉別れる理由〈3〉