哲学ってどんなこと?―とっても短い哲学入門

哲学ってどんなこと?―とっても短い哲学入門
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 397 より
  • 購入2
  • クリック16
  • 言及数14ブログ
  • ブックマーク1users
「哲学ってどんなこと?―とっても短い哲学入門」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

目次 1.はじめに 2.どうやって私たちは何かを知るのだろうか 3.他人の心 4.心?身問題 5.ことばの意味 6.自由意志 7.正しいことと不正なこと 8.正義 9.死 10.人生の意味 これから哲学を学びたい方におすすめです。 この本を読めば、哲学でどんなことが問題にされているのか、なんとなく...

「哲学ってどんなこと?―とっても短い哲学入門」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 巻頭言−あるネコ耳スキーの魂の叫びより−世にある獣耳系の小説は、その魅力をきちんと書き表していないと思うのです。耳・尻尾がついてるついていないが、イラストでしかわからないような作品ばかり! 尻尾はふさふさしてなんぼだと思うのですよ。はじめにこの文章は、ネコ耳、または一般にケモノ耳と総称される萌え要素についての一人のネコ耳スキーへの質疑応答集である。見出しがち... 続きを読む

    一本足の蛸 :: ネコ耳ってどんなこと? ― とっても萌えたいケモノ耳入門trivial2006/03/1917 users
  • 読書・文献案内, 社会学 哲学と社会学の邦語入門書の中で、読んでみて勉強になったもの、あるいはまだ呼んでないけど面白そうなものを選んでみました。入門書を書くのは、非常に難しいです。その研究分野のある特定の面に焦点を当て、そこを分かりやすく書かねばなりませんから。主題の選択も書き方も、論文とはかなり異なりますから、質の高い入門書を書ける人は本当にすごいなと思いま... 続きを読む

     哲学と社会学の入門書いろいろ - 社会学徒の研究(?)日誌 ”La sociol...naokimed2010/05/224 users
  • どんなニーズにも応えられる(かもしれない)哲学入門書リストなんてものを作ってみた。名言系忘れてしまった哲学の名言―覚えたい、使いたい作者: 荒木清出版社/メーカー: 中経出版発売日: 2006/09メディア: 単行本脳をきたえる哲学のことば365作者: 荒木清出版社/メーカー: 日東書院本社発売日: 2006/10/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この哲学者を見よ―名言でたどる西洋哲学史作... 続きを読む

    往年のスキゾキッズの余生と生活の探求(書店バイト篇)bookworm_charmer2007/09/113 users

「哲学ってどんなこと?―とっても短い哲学入門」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す