大暴落1929 (日経BPクラシックス)

大暴落1929 (日経BPクラシックス)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 400 より
  • 購入13
  • クリック53
  • 言及数55ブログ
  • ブックマーク14users
「大暴落1929 (日経BPクラシックス)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

会社型投資信託のブーム、レバレッジ効果、バブル紳士の跋扈。動きの鈍いFRB。今も昔も変わらない人間の織り成すバブル崩壊劇を活写する。1954年初版。

「大暴落1929 (日経BPクラシックス)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 雑記, 文芸, 外国文芸, お勉強, 著名人が読んでる本 吉川洋が薦める勉強本http://president.jp.reuters.com/article/2010/05/03/CDDC0220-5124-11DF-9746-7FB83E99CD51.php目次や書評を見て気になった部分だけを読むのでも構わないと思う。また、『ケインズ伝』や『十大經濟學者』といった、伝記や解説から読み始めるのもよ 続きを読む

    「本質が見えるようになる」 思考力を高める100冊 - 本読みのスキャット! ...kajika_eps2010/06/214 users
  • 早いものでもう2008年も終わりに近づいてきました。なかなかまともなエントリをかけないところではありますが、今年まともに読んだ本は50冊くらい。ほぼ全てが経済本ですね。後は雑誌類をチェックするのとあわせれば面白い経済記事・論説を毎日読んでいく生活でした。仕事関連で読んだ本は別途あることを考えると今年も楽しみながら良く読みましたね。正直あきれます(笑。経済バカの道は... 続きを読む

    今年読んだ本 - Econviews-hatena ver.∞econ20092008/12/123 users
  • 福田徳三研究の落ち葉拾い。山田雄三(福田の弟子、城山三郎とかの先生)が福田理論をガルブレイスの「拮抗力」countervailing powerと類似していると指摘したので、その拮抗力理論が展開されてるガルブレイスの『アメリカの資本主義』を図書館から借りて読む。拮抗力というのは、大企業が独占力をつよめていくと、市場がその独占力を弱める効果が次第に減少していく。と同時にこの企業の... 続きを読む

    2009-09-14 - Economics Lovers Livetanakahidetomi2009/09/143 users

「大暴落1929 (日経BPクラシックス)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す