意識する心―脳と精神の根本理論を求めて

意識する心―脳と精神の根本理論を求めて
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 3,404 より
  • 購入4
  • クリック129
  • 言及数31ブログ
  • ブックマーク9users
「意識する心―脳と精神の根本理論を求めて」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

心脳問題の最終的な決着は?彗星のように現れた心脳問題の旗手が世界中の脳科学・哲学・認知科学者を震撼させた渾身の論考。

「意識する心―脳と精神の根本理論を求めて」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 日本はクオリアなる言葉が一般にも知られている奇妙な国だが、しかしその一般的なクオリア理解はもともとの哲学的なクオリア理解とはあまりに異なっていてとてもおかしい。日本でクオリアなんて用語が流行ったのは、小泉旋風真っ只中のポピュリズム時代でのある脳文化人Mの活躍のせいなのだが、未だにその後遺症はあちこちに残っている。それを正すのがこの論考の表向きの目的だ*1。もう... 続きを読む

    日本の俗流クオリア論を撃破する - 蒼龍のタワゴト-評論、哲学、認知科学-deepbluedragon2007/11/1447 users
  • スウィート・ドリームズ (NTT出版ライブラリーレゾナント059)作者: ダニエル・C・デネット,土屋俊,土屋希和子出版社/メーカー: エヌティティ出版発売日: 2009/12/22メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 2人 クリック: 10回この商品を含むブログ (10件) を見る 哲学者ダニエル・デネットによる「意識」についてのエッセイ集.デネットは1991年「Consciousness 続きを読む

    書評 「スウィート・ドリームズ」 - shorebird 進化心理学中心の書評などshorebird2010/02/248 users
  • 本文は好きにしてね いつまでも学でないことを書いていても学は出てこないので、少しは世界に資することにしよう。予告どおりね。そう、犯行予告というのは、犯行がなされてはじめて、事後的に犯行予告であったと指定されるのであって、それまでは犯行予告ではないのではないだろうか……なぜフィクションを恐れるのか? という問題にからめて考えてみるといいだろう。 論題は、『「私」... 続きを読む

    魂的因果関係の不在は可能世界を使って示せるか? - kugyoを埋葬するkugyo2008/08/308 users

「意識する心―脳と精神の根本理論を求めて」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す