偶然を飼いならす―統計学と第二次科学革命

偶然を飼いならす―統計学と第二次科学革命
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 8,000 より
  • 購入4
  • クリック38
  • 言及数40ブログ
  • ブックマーク13users
「偶然を飼いならす―統計学と第二次科学革命」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「偶然を飼いならす―統計学と第二次科学革命」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ブルデューが対応分析(コレスポンデンス分析)を用いる背景には、彼の認識論的・社会学的な思想があります。最近、ブルデューから離れて確率・統計学の哲学を考えてみる必要性を感じているので、ここに文献をメモしておきます。おすすめの文献が他にありましたら、ご教示下さい。 Philosophy of Probability: Contemporary Readings [asin:0415483875:det 続きを読む

    確率・統計学の哲学 (文献メモ) - 社会学徒の研究(?)日誌naokimed2012/08/2527 users
  • 「生きることに意味などない」 マクロコンテクストとは世界をマクロのコンテクスト(文脈)でみることだ。たとえば「生きることに意味などない」という言説。いま生きているという事実は偶然の産物である。偶然の産物とは全体(マクロ)から確率論的に決定されているということである。世界の事象はサイコロの目のようにランダムに発生するという前提がある。サイコロなどの偶然性は博打... 続きを読む

    マクロな形而上学とミクロな否定神学 - pikarrrのブログpikarrr2009/09/2312 users

「偶然を飼いならす―統計学と第二次科学革命」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す