ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 199 より
  • 購入11
  • クリック596
  • 言及数405ブログ
  • ブックマーク9users
「ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

1963年に「こどものとも」誌上で発表されて以来、日本だけでなく世界各国で愛され続けるふたごの野ネズミ「ぐり」と「ぐら」のお話。 ぼくらの なまえは ぐりと ぐら このよで いちばん すきなのは おりょうりすること たべること ぐり ぐら ぐり ぐら 歌いながら森へでかけたぐりとぐら。大きなたまごを...

「ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 今日は「こどもの日」ということで、せっかくだから「子供」に関連したエントリーを書きたいと思います。 ぼくにとって、子供の頃の思い出として真っ先に思い出すのは「絵本」のことです。子供の頃、母親が絵本好きだったこともあって、ぼくの家にはたくさんの絵本がありました。それらの絵本と、ぼくは物心ついた時から慣れ親しんで育ってきました。言い方は変ですが、まるで絵本にまみ... 続きを読む

    子供の頃に読んで夢中になった絵本10冊 - ハックルベリーに会いに行くaureliano2009/05/0520 users
  • 「ぐりとぐら」という絵本は有名だから知っている人もたくさんいるだろう。のねずみの「ぐり」と「ぐら」が、大きな卵を見つけて、カステラにして森の動物たちみんなで食べるという話だ。森の動物たちの中には鳥や亀などの卵生の動物もいたけど、その辺は大丈夫なのか。「私の赤ちゃんがカステラに」と心の中で泣いた動物もいたかもしれない。それはそれとして、「ぐりとぐら」のシリーズ... 続きを読む

    NATROMの日記 - ぐりとぐらとくるりくらに出てくる謎の物体についてNATROM2006/07/1913 users
  • 今日、本屋に寄った時に ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)作者: なかがわりえこ, おおむらゆりこ出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 1967/01/20メディア: 単行本 ぐりとぐらの奥付を見てみたら、なんと168刷でした。 (「こどものとも」傑作集版の)初版が1967年ですから、40年間以上ずーっと売れ続けてるってことですか。 毎度おなじみのはてなダイアリーIS 続きを読む

    情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明 - 絵本にはも...soorce2007/09/076 users

「ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す