ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「先」

ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「先」
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 2,133 より
「ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • アート, 本タイトルはニッポンとラッセンで韻を踏んでみました(言わなくてもわかる)。ラッセン論集『ラッセンとは何だったのか? - 消費とアートを越えた「先」』がいくつかのニュースサイトで取り上げられて急に話題になり出したと思っていたら、このタイミングでラッセン氏が今夏も来日して展覧会をやっているそうで、「ラッセン」でtwitter検索するとそれらのtweetが相俟ってなかな... 続きを読む

    ニッポンの夏、ラッセンの夏 - Ohnoblog 2ohnosakiko2013/07/1145 users
  • ★加島卓『〈広告制作者〉の歴史社会学――近代日本における個人と組織をめぐる揺らぎ』(せりか書房、2014/02、ISBN:4796703306) 「広告」や「デザイン」といえば、今日あちこちで目にするし、なんの気なしに使われている言葉だ。でも、ちょっと立ち止まって考えてみると、じつは思ったほど(どんなほどだというのはおいといて)分かりやすい言葉ではない。ほら、そのつもりで歴史に目... 続きを読む

    人はなにを「広告」だと思ってきたか - 作品メモランダムyakumoizuru2014/05/0631 users
  • 本, アート, お知らせ昨年夏に、東京の現代アートギャラリーCASHI°で開催されて話題を呼んだ「ラッセン展」の関連本『ラッセンとは何だったのか? - 消費とアートを越えた「先」』(フィルムアート社)が、6月26日に刊行されます。ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「先」作者: 斎藤環,北澤憲昭,河原啓子,加島卓,櫻井拓,石岡良治,原田裕規,大野左紀子,千葉雅也,大山エン... 続きを読む

    「ラッセン本」に寄稿しました - Ohnoblog 2ohnosakiko2013/06/208 users

「ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す