可能性としての連歌