虚構内存在――筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉

虚構内存在――筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 498 より
  • 購入14
  • クリック444
  • 言及数28ブログ
  • ブックマーク2users
「虚構内存在――筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「虚構内存在――筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • オトナ向けラノベ一般文庫に安住の地を見出したライトノベルミステリ キャラクター性とビジュアルを重視したライトノベルミステリは、文庫レーベルで多く出ました。 この文庫ミステリ戦国時代ともいうべき事態はさらに加速し、今や角川・AMW・集英社・幻冬舎・宝島社など大手出版社がしのぎを削る状況になっています。 角川文庫は、『レンテンローズ』などラノベレーベルでの執筆経験のあ... 続きを読む

    2013年ラノベ周辺総括 - 小説☆ワンダーランドnyapoona2013/11/28205 users
  • サブタイトルは、「筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉」であり、筒井康隆論である。第1章から第7章まで、筒井康隆の仕事をおよそ時系列順に追いながら、その中にある「虚構内存在」の思想を読み込んでいく。最後につけられた第A章で、筒井康隆から離れて、「虚構内存在」の思想を藤田直哉的に展開している。 実をいうと、この本を読み終わって、感想というのが思い浮かんでいない。ま... 続きを読む

    藤田直哉『虚構内存在』 - logical cypher scapesakstyle2013/02/1723 users
  • イベントレポート, 藤田, 海老原 | 佐々木敦が『SFマガジン』で連載していた「パラフィクション論序説」をまとめた『あなたは今、この文章を読んでいる。』(慶應義塾大学出版)が出版された。メタフィクション、そしてパラフィクションとフィクション論を展開する佐々木敦に、『虚構内存在』の藤田直哉が問いかける。そんなトークイベントが2014年10月17日、神保町の東京堂書店イベント... 続きを読む

    佐々木敦×藤田直哉トークイベント「虚構内存在の存在論」@東京堂書店(201...genkaiblog2014/10/215 users

「虚構内存在――筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す