動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 398 より
  • 購入28
  • クリック282
  • 言及数162ブログ
  • ブックマーク21users
「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

生命とは、絶え間ない流れの中にある動的なものである。読んだら世界がちがってみえる。哲学する分子生物学者が問う「命の不思議」。今まで体験したことのないサイエンス・ ...

「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 23:01組換え作物反対派の主張する危険性に対する間違った批判を見かけたので反論しておく。1)遺伝子はあらゆる生物に含まれており、他の生物を食べている以上、遺伝子を食べることは必然です。今までも、ずっと食べてきて問題ないのですから、ナンセンスな意見です。遺伝子を全て同列に扱うことがどれだけ危険だろう。遺伝子というのは2重螺旋構造で、DNAでは4種類の塩基が組み合わさっ... 続きを読む

    組換え作物反対派の主張する危険性に対する間違った批判に対する反論 - と...nippondanji2011/11/0120 users
  • 読書 | 伴読部のスタートのとき、「理系っぽいセレクトもあったらな」という話があったような気がしていて*1、確かにそれも一理あるな、などと思いつつ、『熊から王へ』みたいな境界分野でノラリクラリしていたわけだ。ので、ここは一発、前提知識がなくても楽しめる理系セレクトにしてみよう、と思い立った次第であります。渋滞学 (新潮選書)作者: 西成活裕出版社/メーカー: 新潮社発売... 続きを読む

    伴読部 第9回『渋滞学』 - けれっぷ彗星ast152012/12/247 users
  • 『新潮』6月号に掲載されている川上弘美+福岡伸一の「いのちのふるまいを記述する方法」を読む。(2009年3月25日・紀伊国屋サザンシアターにて)福岡 私も川上さんの小説を読んで、いろんなことを考えさせられました。『どこから行っても遠い町』の表題作の主人公は、自分は何事も決めずにここまで生きてきたという人物ですが、ある時「でもそれは、違っていた」と気づく非常に... 続きを読む

    KYのES細胞が癌化する。 - 葉っぱで、阿呆度・アフォーダンスkuriyamakouji2009/05/294 users