精神世界のゆくえ―宗教・近代・霊性

精神世界のゆくえ―宗教・近代・霊性
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 2,851 より
  • 島薗進
  • 秋山書店 - 単行本 - 2007/07
  • 購入0
  • クリック14
  • 言及数8ブログ
  • ブックマーク0users
「精神世界のゆくえ―宗教・近代・霊性」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「精神世界のゆくえ―宗教・近代・霊性」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 社会 扱うトピックは概ね決まり。既に書いた「家族」「メディア」「スピリチュアル/アイデンティティ」(改題)の他、「教育」「経済」「市民社会」「人権/親密圏」「セキュリティ/リスク」「政治/イデオロギー」「ネーション/国家」の10編で、さらに序論と結論を書くつもり。前に、スピリチュアル増補の際には疑似科学を盛り込みたいと書いたが、それ関連の本に目を通しながら書き... 続きを読む

    現代日本社会研究のための覚え書き――2.スピリチュアル/アイデンティテ...kihamu2008/07/2115 users
  • 精神世界のゆくえ作者: 島薗進出版社/メーカー: 秋山書店発売日: 2007/07メディア: 単行本精神世界のゆくえ―現代世界と新霊性運動作者: 島薗進出版社/メーカー: 東京堂出版発売日: 1996/09メディア: 単行本 宗教学者・島薗進さんの『精神世界のゆくえ』新版(2007年7月、秋山書店刊)を読了した。私は旧版(1996年、東京堂出版刊)を図書館で借り、読み進める途中で新版を購入... 続きを読む

    G★RDIAS - 精神世界のゆくえgordias2007/09/029 users
  • 精神世界のゆくえ作者: 島薗進出版社/メーカー: 秋山書店発売日: 2007/07メディア: 単行本 図書館で借りてきた旧版(1996年刊)に目を通している。 霊性(スピリチュアリティ)の探究が、伝統的な宗教(例えば、キリスト教)とは一線を画す形で、なぜテーマになってきたのか。霊性の探究者たちは、なぜ伝統的な宗教に満足できないのか、「ニューエイジ運動」や「精神世界」についての... 続きを読む

    A Prisoner in the Cave - 精神世界のゆくえeirene2007/08/313 users

「精神世界のゆくえ―宗教・近代・霊性」が好きな人は、こんな商品も購入しています