精神の管理社会をどう超えるか?―制度論的精神療法の現場から

精神の管理社会をどう超えるか?―制度論的精神療法の現場から
  • 購入3
  • クリック208
  • 言及数49ブログ
  • ブックマーク0users
「精神の管理社会をどう超えるか?―制度論的精神療法の...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「精神の管理社会をどう超えるか?―制度論的精神療法の...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • INTERVIEW 《「正常」とは何ですか?:伝説の精神病院「ラ・ボルド」で写真家・田村尚子が写した問いかけ》(WIRED.jp) 何かの琴線にふれたみたいで、twitter でもたくさん言及されています。田村氏が撮影したラボルドは、ニコラ・フィリベール監督の『La Moindre des Choses』(邦題『すべての些細な事柄』)という映画になっています。 みんなが仮装大会(?)をしているとき 続きを読む

    「最低限の、必要なこと」 - Freezing Pointueyamakzk2012/10/0821 users
  • 以下に引用するのは、『現代思想』 1984年9月 臨時増刊(vol.12-11) 総特集: ドゥルーズ=ガタリ*1に掲載されている、ガタリへのインタビュー「スキゾ分析の方へ」(聞き手・訳は宇野邦一氏)の末尾である。今回あらためて読み返して、「1984年の時点でここまで言っている、それがちゃんと訳されていたのか!」という驚きがあった。 私が続けている議論にとって、どうしても参照したい... 続きを読む

    解体=再編として生きられる、schizo-analyse - Freezing Pointueyamakzk2011/10/0114 users
  • 社会参加に関して、実務と理論がある。 ただしひきこもる人も、その状態のままですでに実務に参加している(参加していなければ生きていない)。 ところが、意識だけがその参加状況を黙殺していたら…?これは、ひきこもる人だけの問題ではない。 「参加している状況」は、なかなか反省的に吟味されない。 「その方針だと、破滅するしかないし、周囲が大変迷惑している(少なくともそう主... 続きを読む

    洗脳されたまま反復する日常 - Freezing Pointueyamakzk2009/06/1511 users

「精神の管理社会をどう超えるか?―制度論的精神療法の...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す