フランシス・ベイコン―暴力の時代のただなかで、絵画の根源的革新へ