職業としての小説家 (Switch library)

職業としての小説家 (Switch library)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
「職業としての小説家 (Switch library)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

「MONKEY」大好評連載の“村上春樹私的講演録”に、大幅な書き下ろし150枚を加え、読書界待望の渾身の一冊、ついに発刊!

「職業としての小説家 (Switch library)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 職業としての小説家 (Switch library) を読んだ。 1)小説家は寛容な人種なのか、2)小説家になった頃、3)文学賞について、4)オリジナリティーについて、5)さて、何を書けばいいのか?、6)時間を味方に付けるーー長編小説を書くこと、7)どこまでも個人的でフィジカルな営み、8)学校について、9)どんな人物を登場させようか?、10)誰のために書くのか?、11)海外へ... 続きを読む

    職業としての小説家、村上春樹、読了 - 未来のいつか/hyoshiokの日記hyoshiok2016/02/255 users
  • 又吉直樹の「火花」は「文學界」に掲載されたときに読んだ。芥川賞候補になる前だったが、いい小説だと思い、好感をもった。ただ、いささか「文学」っぽすぎるような印象があり、そこがいささか気になった。芥川賞受賞後、「文學界」の特集(9月号)を読み、いくつか出演したTV番組を見て(漫才の番組ではない。わたしは彼の漫才を見たことがない)、聡明な人だな、という感想を持った。... 続きを読む

    小説家は寛容な人種なのか、もしくは、ドイツ戦後文学について - qfwfqの水...qfwfq2015/10/133 users

「職業としての小説家 (Switch library)」が好きな人は、こんな商品も購入しています