階級という言語 イングランド労働者階級の政治社会史 1832-1982年

階級という言語 イングランド労働者階級の政治社会史 1832-1982年
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 4,216 より
  • 購入1
  • クリック27
  • 言及数0ブログ
  • ブックマーク1users
「階級という言語 イングランド労働者階級の政治社会史 ...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「階級という言語 イングランド労働者階級の政治社会史 ...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 読書・文献案内 イギリスとフランスの「階級」について考えるとき、人々に階級意識のようなものがどのように共有されているかという問題と学術的な階級分析の問題とを分けて考えないといけません。イギリス社会に関して「労働(者)階級」という言葉がよく用いられますが、近年のフランスでは同様の概念は日常的にも学術的にもあまり用いられません。イギリスでは今でもよく様々な場面で用いられるこの概念は、フランスに関しては 続きを読む

     英仏における 「労働(者)階級」概念 (文献メモ) - 社会学徒の研究(...naokimed2012/12/3019 users

「階級という言語 イングランド労働者階級の政治社会史 ...」を含む人気エントリー