長崎にあって哲学する―核時代の死と生